ニュース詳細

2016.12.09 15:00

美味しいお燗のつけ方

師走に入り本格的に寒くなってきました。

寒〜くなると恋しくなるもの……。

鍋、人肌、ホッカイロ…、

そしてお燗酒!

ちゅう訳で、今回は

美味しいお燗のつけ方をご紹介していきます!

美味しいお燗をつけるために必要な準備、

それは『お湯』です。

電子レンジは簡単ですが、

温度にムラができ、急激に温めるため

味が壊れてしまいます。

お燗をつけるには湯煎でゆっくりが

基本です。

呑酔庵の燗つけ器。

『かんすけ』です♩

こいつで何時もほっこりお燗をつけています。

こんな感じです♩

お燗酒は5度単位で名前が変わります。

・常温のお酒『冷(ひや)』

※間違っている人が多いですが、

『ひや』は常温です。

冷たいお酒は『冷酒(れいしゅ)』です。

・30度のお酒『日向燗(ひなた)』

・35度のお酒『人肌燗(ひとはだ)』

・40度のお酒『ぬる燗』

・45度のお酒『上燗(じょう)』

・50度のお酒『熱燗(あつ)』

・55度以上のお酒『飛切燗(とびきり)』

ざっとこんな感じです。

お燗のつけ方も様々あります。

呑酔庵で使っている方法を紹介します♩

『燗ざまし』

1度飛切燗につけて急激に冷ます。

雑味がとれて、非常に口当たりが良くなります。

『閉じ燗』

蓋をしてお燗につける。

写真はラップで蓋してます。

酸味がたってキレが出ます。

『加水燗』

10%前後の水を加えてお燗につける。

原酒等の高アルコールのお酒に。

アルコール度数を下げ、驚くほど円やかに。

この位でしょうか?

他にも沢山お燗のつけ方があります。

是非探してみてください!

基本の湯煎を守り、

つけたい温度にすればお酒は

必ず美味しくなります。

そして温度によって

様々な表情をみせるのが

日本酒です。

逆に『お燗につけてはいけないお酒』

なんて存在しないし、

冷酒でも濁り酒でも

好きな温度で飲めるのです。

折角のお燗が美味しい季節です。

好みのお酒と温度を楽しんで

みては如何でしょう?

そんな ぼか〜これがすきだなぁ〜♩

質問やご要望があれば、Facebookにて

コメントお願いします!

統括店長  木村